どんなカードローンで借りられるの?

収入がある主婦と無収入の専業主婦では、借りられるカードローンの種類が異なります。収入がある主婦の場合は銀行カードローンと消費者金融、無収入の専業主婦は銀行カードローンでのみ借入れが可能です。
なぜ専業主婦は消費者金融での借入れができないのかというと、貸金業法で申込みをする本人の収入が0円の場合は借りられるお金も0円という決まりがあるからです。
銀行カードローンでは貸金業法ではなく銀行法が定められているため、本人の収入が0円でも配偶者に安定した収入があれば借入れが可能となります。

借りられる金額について

消費者金融での借入れの場合、借入れ全体が年収の1/3の額までと決まっているため、1社からの借入れであっても複数社からの借入れであっても、年収の1/3までしか借りることができません。そのため多くの場合パートやアルバイトの人は多額を借り入れることはできませんが、確実に返済ができるようにと定められた決まりなので、自分の収入に見合わない借入れを防ぐことができるので安心です。
銀行カードローンでは、専業主婦の場合は各社の注意事項に限度額30万円など金額が明記されていて、借りられる額が決められています。
主婦と専業主婦では借りられる額が異なりますが、いずれも限度額内であれば何回も借入れできるので、借り過ぎに注意が必要です。

カードローンのメリット

家族に内緒で借りられる

消費者金融でも銀行カードローンでも、保証人や配偶者の同意書、収入証明書が不要で借入れができるところがあるので、夫や家族に相談せずに内緒で借入れをすることが可能です。また、申込み後もローンカードや明細などが郵便物として家に届かないようにする方法もあるため、安心して利用することができます。

金利が安い

銀行カードローンは消費者金融に比べ金利が低いため、利息を抑えて借入れをすることができます。
また、30日間無利息サービス等を実施している金融機関もあります。無利息になる日数は会社によって異なりますが、期間内に返済すれば借りたお金を返すだけで済むので、初めてで不安な人も利用しやすく、家計をやりくりする主婦にとってありがたいサービスとなっています。

手数料

ATMでの手数料が無料のところを選べば、金融機関によっては月々の返済を銀行のATMだけでなく近所のコンビニで行う際も手数料を気にせず返済でき、わざわざ店舗や自動契約機があるところまで出掛けずに済みます。
また、自動振替を利用すれば返済にかかる手数料が無料など、返済の仕方によっても手数料無料になる場合があるため、事前に確認するのがおすすめです。
専業主婦におすすめのキャッシング会社に申込めば働いていない主婦でも借りることができます。
借入先の利用条件を確認して、申し込みましょう。